千葉
ボランティア
文化・スポーツ
医療介護
子ども・教育

【障がい者アーティストの作画で創ったバイリンガル絵本の翻訳を手伝ってください】

情報詳細

活動概要

日本昔話を障がい者アーティストに作画して頂き、バイリンガル絵本を制作しています。
日本の昔話を国内外に広めて、障がい者の就労支援にも役立ちます。
ポルトガル語、スペイン語、ドイツ語、フランス語の翻訳ができる方、カンタンな絵本の原稿制作がしたい方、是非ご応募ください!


【障がい者アートと日本文化を世界へ届けたい】

令和元年現在、日本には障がいのある方が約936万人いらっしゃいます。心身の障がいによって、企業などで働くことが難しい人たちはどんどん増えています。そういった人たちが、実は様々な素晴らしい才能を持っています。その1つが絵です。
私たちは、心身に障がいを持ちながら、絵を描くという才能を持ったアーティストたちの作品を世に発信し、仕事に繋げていくことで、障がい者の就労支援の一助にしたいという想いから、プロジェクトを起ち上げました。


日本の昔話を絵本にしよう!

海外で日本語を学んでいる人の数は、2018年時点で385万人もいるといいます。
日本に興味がある、日本を学びたいという人が増加する一方で、日本語を学びたい方にとって一番不足しているものが「教材」なのです。それを補う意味でも、日本語や日本を学びたいという人達へ何か役立つものを届けたいと思いました。

そんな時、マンガだけでなく日本の絵本が海外で人気があるという話を聞き、昔から語り継がれている日本の民話や昔話を絵本にして、国内の子どもたちはもとより、世界中の子どもたちに届けよう。そしてこの絵本の絵を、障がい者アーティストたちに描いてもらうことで、才能を世界へ発信しようと考えました。

私たちの呼びかけに、多くの障がい者アーティストたちが共感し、喜んで参加してくれました。
「絵を描くことが大好き!」「絵本の絵を描くことが夢だった!」「自分の描いた絵が本になるなんて信じられない!」「素晴らしいプロジェクトに参加できて嬉しい!」
今回のプロジェクトに参加してくれているアーティストたちのリアルな声です。
そしてこれまでに、50名の障がい者アーティストが参加してくれ、100の絵本の絵が完成しています。

この絵本のデザイン・翻訳(多言語)・SNSでの広報のお手伝いをお願いします!

お問い合せ方法、その他詳細はこちらをご確認ください。
http://b.volunteer-platform.org/volunteer/15098/

■募集期間 開始
2022/05/12

■料金
0

■お申込み方法
メール



活動詳細・連絡用メールアドレス




最終更新日時:2022年05月28日 06時16分
情報提供元のページを見る(外部サイト)
  • ※この募集情報は、情報提供元に投稿された内容をそのまま掲載しています。内容の信ぴょう性についてYahoo! JAPANは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※掲載情報に不備がある場合があります。必ず情報元URLなどで最新の状況をご確認の上お問い合わせください。