東京
イベント
災害支援
地域活性

シンポジウム「災害支援のこれから-共に学び、新しい未来をつくる-」

情報詳細

活動概要

1980年に設⽴した曹洞宗東南アジア難民救済会議(JSRC)に端を発し、1981年に有志の僧侶により、曹洞宗ボランティア会(現 シャンティ国際ボランティア会 通称SVA)が⽴ち上がりました。以来、現在に⾄るまで曹洞宗とSVAは協力関係を築き、近年多発する国内災害を受け、2019年には相互協力協約書を取り交わし、これまで以上に災害時における連携を行うことを確認しました。

災害時の避難所としての寺院の役割や、被災者の心のケアにおける仏教者の役割が今後益々求められています。これまでの経験を共有し、互いに学びながら、連携や協働を具体的に進めるための意見交換の場として、シンポジウムを開催いたします。

●日時
2020年2月4日(火)
第一部:シンポジウム 14:30-17:00
第二部:交流会 17:30-19:00(参加任意)

●主催
曹洞宗宗務庁、全国曹洞宗青年会、曹洞宗婦人会、
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

≪プログラム≫
14:30-第一部 シンポジウム
講演会「災害時における寺院の役割」
<講演者>
稲場 圭信 教授(大阪大学大学院 人間科学研究科)


パネルトーク「平成30年西日本豪雨災害/令和元年台風19号 災害被災者支援の成果と課題」
<パネリスト>
宮入 真道(曹洞宗長野県第一宗務所)
本土 悠悟(四国地区曹洞宗青年会)
渡邉 珠人(シャンティ国際ボランティア会)
<モデレーター>
原田 恵一(全国曹洞宗青年会)


17:30-第二部 交流会(参加任意)


●お申込み方法
電話、Eメール、または詳細URLにあるWEBフォームよりお申し込みください。


お問い合せ方法、その他詳細はこちらをご確認ください。
http://b.volunteer-platform.org/event/14216/

■募集期間 開始
2020/01/14

■定員
150

■料金
0

■お申込み方法
メール, TEL, インターネット



活動詳細・連絡用メールアドレス




最終更新日時:2020年01月16日 00時18分
情報提供元のページを見る(外部サイト)
  • ※この募集情報は、情報提供元に投稿された内容をそのまま掲載しています。内容の信ぴょう性についてYahoo! JAPANは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※掲載情報に不備がある場合があります。必ず情報元URLなどで最新の状況をご確認の上お問い合わせください。