• 愛知
  • 依存症を克服するための活動

ここから本文です

情報詳細

私たちは日々多くのストレスを抱えながら生きています。中でも人間関係でストレスを感じている方が多いのではないでしょうか?
例えば、社会人であれば職場の上司との付き合いだったり、学生であれば友達付き合いなど
があると思います。
そういったストレスは日々蓄積され、ある時、鬱病や過食症という精神病の形になって現れ
私たちの心はストレスの限界を知らせます。
そんな精神病ですが、中に依存症という病があります。
私は、重度ではありませんがアルコール、タバコ、性の依存症でした。
何故そうなってしまったかと言うと学生時代に受けたイジメによる人間関係のストレスが影響していました。
小さい頃から争いごとが好きではなかった私は、人間関係のトラブルを避けるため、あまり
本音を言えない性格で、友達と遊んでいて楽しいという感情にはなりますが、気疲れしてい
ることがよくありました。
中学の時に部活で部員ほぼ全員から無視されるというイジメを経験し、いままで気を付けてきたつもりだった人付き合いに何に問題があったのか分からず、イジメに参加していなかった中立の部員に聞いたところ、部員に無視を指示した1人部員がいて、その部員が私が会話の輪に途中から混ざって来るのが気にくわなかったらしく、このような行動をとったようです。
このイジメをおきに、人との関わり方が分からなくなり、イジメを受ける以前もあまり積極
的ではありませんでしたが、自ら友達を作ることをやめてしまいました。
それからというもの、バイトや仕事なども含みますが、人間関係のストレスを誤魔化すため
、ポルノ動画を見ながらの自慰行為、酒、タバコが日課になり、次第に依存症になっていき
ました。
これらの依存行為は、快楽と引き換えに心身共にダメージを与えるのは分かっていましたが
、ストレスを紛らわすための唯一の行為だと私は思っていたため、なかなか止めれずにいま
した。
そんな私でしたが、この依存症を克服するための活動に参加して、依存症を克服することが
できました。
このボランティアは、私のような依存症や、他にもいろんな依存症があると思いますが、依
存症で苦しんでいる方々の苦しみから解放されようにという思いで活動しています。



お問い合せ方法、その他詳細はこちらをご確認ください。
http://b.volunteer-platform.org/volunteer/13039/

■募集期間 開始
2018/11/23

■お申込み方法
メール
スマートフォン版にアクセス
  • ※この募集情報は、情報提供元に投稿された内容をそのまま掲載しています。内容の信ぴょう性についてYahoo! JAPANは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※掲載情報に不備がある場合があります。必ず情報元URLなどで最新の状況をご確認の上お問い合わせください。

検索条件を変更する

キーワード
地域
カテゴリー
タイプ

本文はここまで
です このページの先頭へ