東京
イベント
国際協力
医療介護

SHAREトーク#2 東ティモールの離島に暮らす日本人看護師に、子どもたちへ予防接種を届ける活動や新型コロナの影響を聞いてみよう

情報詳細

活動概要

新型コロナウイルス感染が拡大する中で、子どもの予防接種が影響を受けているのをご存知ですか?
移動の制限、ワクチンの輸送遅延、医療者の人手不足などの原因で、乳幼児の必要な予防接種が
妨げられていることがユニセフやGAVI(ワクチンと予防接種のための世界同盟)からも報告されています。

当会は東ティモールで、子どもの予防接種を含めた基礎サービスへのアクセスを改善する活動を行っています。特に僻地に暮らす住民は、予防接種や妊婦健診の利用が低いため、保健センターや住民への働きかけを進めています。

第2回目は、東ティモール唯一の有人離島「アタウロ」島で奮闘している、日本人看護師スタッフ柿本彩によるオンライントークイベントを開催します。当日は現地代表の吉森悠による新型コロナウイルスに関する現地からの報告も予定しています。

・東ティモールはどのような国?
・現地でどうやって改善をしようとしているの?
・新型コロナウイルスの影響はあるの?<
・看護師としてどのように国際保健に関われるの?

そんな皆さまからの疑問にお答えします。


■参加費
無料

■参加日/参加期間
2020年7月4日(土)14:00-15:30(13:50よりzoom入室可)

■募集人数
150名 (先着順)

■申し込み方法
お申し込みは、Peatixで受け付けております。
https://peatix.com/event/1525503/



活動詳細・連絡用メールアドレス

info@share.or.jp


最終更新日時:2020年06月19日 18時05分
情報提供元のページを見る(外部サイト)

開催場所

  • Copyright (C) 2020 CANPAN. All rights reserved.
  • 情報提供元:CANPAN(外部サイト)
  • CANPAN
  • ※この募集情報は、情報提供元に投稿された内容をそのまま掲載しています。内容の信ぴょう性についてYahoo! JAPANは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※掲載情報に不備がある場合があります。必ず情報元URLなどで最新の状況をご確認の上お問い合わせください。