• 東京
  • COP24報告会 気温の上昇を1.5度以下に!IPCCからの警告と日本に求められる気候変動対策

  • 新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル3FTKPスター貸会議室 四谷 第2会議室
ここから本文です

情報詳細

近年、集中豪雨や連日の猛暑など、日本でも気候変動の影響がより一層感じられるようになりました。2018年10月に公表されたIPCC第5次特別報告は、1度の気温上昇だけでも既に自然環境や人間生活に大きな影響がでており、気温の上昇が1.5度と2度では大きな違いがあると指摘しています。 2018年12月にポーランドで開催されたCOP24ではパリ協定の実施指針について話し合われたものの、先進国政府や金融機関は、コミュニティや環境の破壊、人権侵害を引き起こしています。
今後重要となってくるのは各国での取組みです。日本の国内外の現状と気候変動政策について考えていきます。

内容(仮)
基調講演
・IPCC第5次特別報告:1.5度の意味
  甲斐沼美紀子氏(地球環境戦略研究機関(IGES)研究顧問)

・COP24報告:気候正義の観点からみたパリ協定ルールブック
  小野寺ゆうり(FoE Japan顧問)

・日本の海外石炭支援
  深草亜悠美(FoE Japan 開発と環境、気候変動担当)

・国内における石炭火力問題の状況
  高橋英恵(FoE Japan 気候変動担当)

■参加費
1000円(FoE会員・学生は500円)

■参加日/参加期間
2019年2月27日開催(開場13時30分)

■申し込み締め切り
2019-02-27

■募集人数
80人

■申し込み方法
お申込みはホームページで受け付けております。http://www.foejapan.org/
スマートフォン版にアクセス
  • Copyright (C) 2019 CANPAN. All rights reserved.
  • 情報提供元:CANPAN(外部サイト)
  • CANPAN
  • ※この募集情報は、情報提供元に投稿された内容をそのまま掲載しています。内容の信ぴょう性についてYahoo! JAPANは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※掲載情報に不備がある場合があります。必ず情報元URLなどで最新の状況をご確認の上お問い合わせください。

検索条件を変更する

キーワード
地域
カテゴリー
タイプ

本文はここまで
です このページの先頭へ