• 東京
  • 3/21(木・祝)震災から8年ー逆境を乗り越えた復興の軌跡ー

  • 新宿区市谷本村町10-5JICA地球ひろば セミナールーム600
ここから本文です

情報詳細

2019年3月11日、東日本大震災から8年を迎えます。AARは、発災直後から岩手県、宮城県、福島県の被災者支援を続けています。なかでも注力してきたのが、災害時に必要な支援へのアクセスが限られている障がいのある方々への支援です。1日でも早く日常を取り戻せるように、そして、震災前よりもよき状態を目指した復興に向けて、ともに取り組んできました。

施設のなかには、2011年3月の被災当初、建物が損壊して活動の場を失ったり、震災前の顧客や販路が減っていき、運営の危機に直面したものの、現在では利用者の工賃を向上させるなど震災前よりも安定的な運営を実現した団体があります。AARと共同で開発したオリジナル商品が地域の物産展で入賞するなど、地元の人々に愛されるだけでなく、全国からの注文も増えるなど目に見える成果を出しています。

本報告会は、岩手、宮城、福島の3県からこのような福祉施設職員の方をお招きし、再起のきっかけや、どのような取り組みが成果をもたらしたのかお話いただきます。また、ともに新商品の開発などを進めてきたAAR職員の浅野武治と高木卓美が、支援活動の概要などをお伝えします。

■参加費
1,000円

■参加日/参加期間
2019年3月21日(木・祝)午後1時―午後3時(開場:午後0時30分)

■申し込み締め切り
2019-03-20

■申し込み締め切り備考
手話通訳、要約筆記、点字資料などの情報保障をご希望の方は、恐れ入りますが3月5日(火)までに、お電話、もしくはAARのHPにある申し込みフォームの「ご希望の情報保障」欄にてお知らせください。

■募集人数
70名

■申し込み方法
お電話(03-5423-4511)、またはAARのHP( https://www.aarjapan.gr.jp/join/event/2019/0321_2677.html )からお申し込みください。
スマートフォン版にアクセス
  • Copyright (C) 2019 CANPAN. All rights reserved.
  • 情報提供元:CANPAN(外部サイト)
  • CANPAN
  • ※この募集情報は、情報提供元に投稿された内容をそのまま掲載しています。内容の信ぴょう性についてYahoo! JAPANは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※掲載情報に不備がある場合があります。必ず情報元URLなどで最新の状況をご確認の上お問い合わせください。

検索条件を変更する

キーワード
地域
カテゴリー
タイプ

本文はここまで
です このページの先頭へ