• 東京
  • 子どもたちと一緒に考える被災地の復興支援

  • 文京区白山5-28-20東洋大学 白山校舎2号館16階 白山スカイホール
ここから本文です

情報詳細

東日本大震災後30か月がすぎた今、子どもたちに今後、私たちは何を支援しなければならないのでしょうか。今年も、私たちおとなは、子どもたちの意見を聴き、新たな段階に入っている被災地支援について、子どもたちと一緒に考え、提言をしていきたいと思います。ぜひ、ご参集ください。

【詳細】
司会進行:荒牧重人(東日本大震災子ども支援ネットワーク運営委員 山梨学院大学教授)
     森田明美(東日本大震災子ども支援ネットワーク事務局長 東洋大学教授)

1.基調報告:東日本大震災における子ども支援の取り組みのこれまでとこれから:森田明美

2.被災地の子どもたちの報告と大学生・支援者との意見交換(3グループに分かれて意見交換)

3.全体討議:3つのグループの報告を受けながら参加者と一緒に考えます

4.参加団体からのメッセージ
 *終了後、軽食をとりながら会費制の交流会を予定しています。(E-mailで、事前に申込みください)

■参加費
なし

■参加日/参加期間
2014年1月12日(日)13:00~17:00(受付12:30~)

■募集人数
なし

■備考
■意見表明する被災地の子どもたち/中学生(福島県いわき市)、高校生(岩手県山田町、宮城県登米市、宮城県三陸町)計13名(予定)

■後援:東洋大学社会学部・東洋大学福祉社会開発研究センター
■協力:生活協同組合コープみらい、日興アセットマネジメント、NPOキッズドア、NPOこども福祉研究所
スマートフォン版にアクセス
  • Copyright (C) 2019 CANPAN. All rights reserved.
  • 情報提供元:CANPAN(外部サイト)
  • CANPAN
  • ※この募集情報は、情報提供元に投稿された内容をそのまま掲載しています。内容の信ぴょう性についてYahoo! JAPANは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※掲載情報に不備がある場合があります。必ず情報元URLなどで最新の状況をご確認の上お問い合わせください。

検索条件を変更する

キーワード
地域
カテゴリー
タイプ

本文はここまで
です このページの先頭へ