• 愛知
  • 地方出身者支援

ここから本文です

情報詳細

地方から愛知県に来られた皆さん
地元とのギャップに苦しんでいませんか?
上の記事は東京でのギャップですが愛知でも当てはまるものがあるんじゃないでしょうか?
地元とのギャップはストレスになって溜め込んでしまうと最悪の場合、病気になったり、地元に帰ってしまってやりたかったことが出来なくなったりと自分の人生を楽しむ事ができなくなってしまう可能性があります。
私は沖縄から愛知県に来た地方出身者です。
私が愛知県に来て苦労したことは、電車の路線を覚えることでした。
旅行で沖縄に行ったことがある方は知っていると思いますが、沖縄は車社会で電車がありません。
モノレールという電車のようなものは運航していますが、那覇市内でしか動いていません。
このような理由から活用する機会がなかったため愛知県での電車の活用は苦労しました。
電車以外にも地元での言葉遣いを抑えて愛知の人に通じるように言葉遣いなどにも気を配っています。
愛知県に来て3年になるので大分慣れましたが、今から愛知県に就職や進学で地方から来る方は新しい場所での生活に不安を抱いていたり、愛知県に来て間もない方は地元とのギャップに苦しんで中々友達ができなかったりと悩みがあると思います。
私たち団体はそんな方々の相談にのったり、知り合いを増やしてあげるためのサポートをしています。
因みに私含めですが、メンバーは地方の人ばかりで共感できることが多々あるので話しやすいと思います。
地元とのギャップに苦しんでいるあなた、私たちと楽しい人生を歩むために活動してみませんか?

【活動内容】
この人間社会、住む環境が変わってもすぐに苦労なく馴染める人たちもいます。
どうしてでしょうか?
それは、考え方が肯定的で前向きだからです。
私たちの活動は、自分の心の働きをみつめ、環境の変化から生じるストレスの原因になっている感情を理解し、そのような感情をなくしていく方法を学んで実践していくことをしています。


お問い合せ方法、その他詳細はこちらをご確認ください。
http://b.volunteer-platform.org/volunteer/13045/

■募集期間 開始
2018/11/26

■定員
20

■お申込み方法
メール
スマートフォン版にアクセス
  • ※この募集情報は、情報提供元に投稿された内容をそのまま掲載しています。内容の信ぴょう性についてYahoo! JAPANは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※掲載情報に不備がある場合があります。必ず情報元URLなどで最新の状況をご確認の上お問い合わせください。

検索条件を変更する

キーワード
地域
カテゴリー
タイプ

本文はここまで
です このページの先頭へ