• 福島
  • 【Gakuvo】福島県いわき市ボランティア1/12~1/14参加者募集!

ここから本文です

情報詳細

6年目を迎えた「今」だから知ること、できることがあります。
震災や被災された方の生の声を「聴く・知る・学ぶ」だけでなく、地元の方が復興に向けて取り組んでいる様々な活動のお手伝いを行っていき、「被災地」「被災者」ではなく、関わる地元の方たちと学生たちの関係を築いていくことを目標に活動していきます!

大学生のみなさん、ぜひみなさんの若い力と元気を地元と分かち合い、多くのことを学びに行きましょう!

◇◆日程・詳細◆◇
第171陣 2018年1月12日(金)~1月14日(日)
[集合時間]1/12(金)17:20
[集合場所]日本財団第2ビル 日本財団学生ボランティアセンター会議室
[解散時間]1/14(日)22時頃(道路状況等で前後します)
[解散場所]東京駅
[活動場所]福島県いわき市
※なお現地との調整により、活動場所及び内容が変更となる場合があります。
[宿泊場所]現場近辺<〒970-8026福島県いわき市平字柳町3番地>
■1部屋3~4人で寝袋を使って雑魚寝します。(男女別)
■お風呂は近くの銭湯に行きます。(シャンプー等の用意をお願い致します。)
※1回400円程度かかります。

〇●活動内容●〇
地元の農家さんや地域で行われるイベントといった体を使う活動だけでなく、震災当時~現在に至るまでの福島の状況についてお話しを伺い、知る・考えるプログラムも予定しています。

・原発事故によって風評被害の影響を受けている福島県の農業。実際に農家さんで活動をしながら、風評被害に対する取り組みや想いを伺います。
・震災当時のお話しを現地の方から伺います。
・2015年9月5日に避難指示が解除された楢葉町及び2017年4月に一部を除き避難指示が解除された富岡町方面の視察(短時間の滞在ですが、各自判断してご応募ください。また日々復旧・復興作業が進められている関係で予定している場所に行けない場合がありますが、現地の状況が第一優先ですので予めご了承ください。)
・毎晩、その日の出来事や活動を通して感じたことを振り返るミーティングを行います。
様々な場所から集まったメンバーと共に、気づきを深め合います。
※詳細な活動内容については随時更新します。
※当日までに訪問場所や活動内容は変更になることがあります。

お問い合せ方法、その他詳細はこちらをご確認ください。
http://b.volunteer-platform.org/volunteer/11733/

・お申し込み時と終了後、800文字程度の報告書を提出していただきます。
・心身ともに健康な20歳以上の男女大学生 (未成年の方は、ご両親の承諾を得てからの参加をお願いいたします。)
・被災者の方の立場にたって、力になりたいという気持ちを持つ方
・集団生活を滞りなくできる方
・寝袋、ながぐつ、軍手など持参必須のものを用意できる方(Gakuvoで貸し出しはできません)

■募集期間 開始
2017/12/06

■定員
10

■料金
1000

■お申込み方法
インターネット
スマートフォン版にアクセス
  • ※この募集情報は、情報提供元に投稿された内容をそのまま掲載しています。内容の信ぴょう性についてYahoo! JAPANは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※掲載情報に不備がある場合があります。必ず情報元URLなどで最新の状況をご確認の上お問い合わせください。

検索条件を変更する

キーワード
地域
カテゴリー
タイプ

本文はここまで
です このページの先頭へ