新潟
イベント
自然環境

【緊急セミナー】放射能汚染された関東のゴミはどこへ ~今、安心・安全の産地が失われる?~

情報詳細

活動概要

福島原発事故後5年、今、放射能汚染されていない地域へ汚染が拡大されようとしています。
発生し続ける放射能汚染された廃棄物のうち、8000ベクレル/Kg以下の廃棄物は、いわば「普通のごみ」として、特別な管理をされることなく燃やされ、埋め立て処理されているのです。汚染された廃棄物が、全国の汚染のない地域へと持ち込まれ、行政の監督も不十分なまま民間業者の処分に委ねられようとしています。
南北に連なるアルプスの山々の恩恵を受け、減農薬米や有機リンゴなどの豊かな生産地が広がる長野県宮田村。現在この宮田村を流れる天竜川のほとりに、「放射能汚染された廃棄物を含む最終処分場建設」の計画があります。放射能汚染されていない地域での、放射物質を含む廃棄物の持ち込みを前提とした新規の処分場建設としては全国初となる可能性があります。今回の緊急セミナーでは、宮田村、そして浜松まで流れ込む天竜川流域一帯が直面するこの処分場計画の問題、また放射能汚染された廃棄物の規制に関する問題点をお伝えします。

■参加費
500円 (学生・サポーターは無料)

■参加日/参加期間
2016年3月20日(日)18:30~20:30 開場18:00

■募集人数
なし

■申し込み方法
下記申込みフォームからお申し込みください。
> 申込みフォーム(一般)https://www.foejapan.org/event/event_form.html    
> 申込みフォーム(サポーター)https://www.foejapan.org/event/spt_event_form.html



活動詳細・連絡用メールアドレス

info@foejapan.org


最終更新日時:2016年03月03日 18時51分
情報提供元のページを見る(外部サイト)

開催場所

  • Copyright (C) 2019 CANPAN. All rights reserved.
  • 情報提供元:CANPAN(外部サイト)
  • CANPAN
  • ※この募集情報は、情報提供元に投稿された内容をそのまま掲載しています。内容の信ぴょう性についてYahoo! JAPANは責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。
  • ※掲載情報に不備がある場合があります。必ず情報元URLなどで最新の状況をご確認の上お問い合わせください。